亡き父はスキーが好きで好きで

亡き父(うんと前に他界)二人はスキーが大好きでした。

このお二人さんはスキー一級の腕前。
画像
このイラストどう見ても一級とは思えない。。。

なのに~なぁぜ~
父は私にスキーを教えなかったんだろう
今になって思うのです。
生きてるうちに訊けばよかった。時すでに遅し

でも父の弟が私が小学生の時に庫県にある氷ノ山(ひょうのせん)
という所に車にスキーの道具一式積んで、一泊二日スキーの旅
連れてってくれました
画像


嬉しくてね初めてだしね
どうして父は私だけを連れてったのか、これも訊いてなかった
残念

民宿で泊まりました。目の前がスキー場
板を担ぐのちょっとカッコイイ。
嬉しかったのを忘れない

叔父には男女の子供がいますが、この二人もスキーは上手いのなんの
奥さんも結婚してからスキーを覚えてス~イスイ
氷ノ山に行った私の衣装から全部叔母のを借用。

宿に着くと広間に夕食の準備が整っていました。
幾つも小さなコタツがあって、お客はここで夕食も朝食も頂くシステム。
すき焼き!美味しかった

広いお風呂に一人で入り眠りにつきます
「明日は朝早くから滑るぞ」とニコニコしてた叔父の顔が浮かびます

目が覚めて洗面所で顔を洗うのですが夜に干しておいたタオルが
パリパリに凍り、凄く面白かったのを覚えています

そしていよいよゲレンデへ
初心者の私に先ずはボーゲンを叔父は指導
何とかできるようになった
周りも似たような子供が練習中
画像

すると叔父は「ちょっと滑ってくるからここで練習していなさい」と言って
さっさとリフトへ行っちゃいました。おそらくニヤニヤとね

あらまー!超かっこいいんですよ!もうかっこいいったらありゃしない
あたしのオジちゃんだよ!」と心で呟く

何度も叔父はリフトへ。私一人でボーゲンばっかり練習
練習の成果が出たのかひゅ~!っと滑って行った先が、
雪が積もってない田んぼに突入。そこで転んで軽い捻挫

たいしたことはなかったのでよかったのですが
叔父は「止まらなくなったら転ぶこと」と言ってましたが
転んだけどギク!

一生忘れられない楽しい思い出を貰いました

そして肝心のですが、北海道やら信州やらで滑っていたようです
これは祖母と母から聞いてました。

大学時代の趣味はもちろんスキー
部活として馬術部所属でした。
後に私はスキーではなくて馬術の指導を受けることになるのです。
なんで?いとこは叔父とスキーなのに。
画像
買い換えたお気に入りの帽子。後ろの逆さリボンが可愛い

14年ほど乗りました。中学生の時は障害飛越。
大きくなってからは馬場馬術。あ~乗りてえ!
(話ちょっと逸れますが。。。
お祭りとかで馬が出てきますよね。道を歩きます。
町内のえらいさん?を乗せて。
その時たまに振り落すことがあるのをニュースとかで見たことありませんか?
あれね、おそらくスマホの音、カメラのシャッターの音、花束の花とか、
小さなことで驚いてウイリーしたりしてパニックになるんです。
馬ってとても神経質なんで。その時町内会長が馬術経験者だったら
おそらく落ちないです。乗る時に乗れるかどうか、
一発で馬は乗り手の判断しますから。
なめられちゃったかな。。。と余談でした。)

話戻しまして。。。
母はとお見合い結婚です
大事なお見合いなのに父は遅刻です

友達グループとスキー旅行の帰りだったそうな
最悪!
親にこっぴどく叱られたそうです祖母から聞きました。
母はこんな父のどこがよかったんだろう

それにしても何故父はスキーも教えなかったのだろう

一列に並んで歩こう!
画像


☆金曜日は「8年で3回」を更新致します
春の陽気ですね

<お花のオマケ>
すずらんのエリカ様
画像


だってホラね。
画像
「クラブエリカ」みたいね

"亡き父はスキーが好きで好きで" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント