ご夫婦の会話に涙

大阪へ仕事の日。

何度も乗り換え最後の電車
区間快速だったで10分ほどの乗車

斜め前。向かって左にオバアサンオジイサンが座っていました。

オバアサンは茶系のニット帽を被り、キャスター付のお買いものバッグをお持ち。
オジイサンは帽子は無く、赤い杖を。
オバアサンのかなぁ。可愛いお花柄

そしてお2人ともマスク。やや適当な装着

オバアサンが「オジイサン、元気でいないと困りますよ」
オジイサン「え?う、うん」

どうやらお2人今から病院に行かれるようです
診察券の確認。裏見て表見て自分のかを確かめておられます。
小さなポシェットに入れるのも仲良くお2人で確認しながら

院内では別々の行動になるらしく、診察後の待ち合わせの場所をどこにするか考え中。
食事をどこでとるかも考え中。何食べるかも相談
パンにするかおうどんにするか。。。どうするんだろう。気になる。
私はおうどんですけど
画像


会話丸聴こえ
何しろかぱかぱのマスク。お耳も少し遠そうだし。

オバアサン「オジイサン、2人で頑張ろうねぇ」
とっても優しく語りかけてる
オジイサン「そうだなぁ、2人だけだしなぁ」

次の会話でが出てきて、大急ぎで私もマスク装着
自分の両親と重なって。父は他界してますし、母も末期ですから、
もし二人が元気だったらどこかに旅行してただろうなぁ、
なんて思ってしまい寂しくなってつい

オバアサンオジイサン、私はね、ずっと昔から頼りにしてきたんですよ」 
オジイサン下向いて「・・・」

オバアサン、告白してるみたいで可愛い

次にオバアサン「ずっとオジイサンの体が心配でしたよ。
無事にここまでこれてよかったです。ほんとに心配でした。。。
よく思ってました」

なんだかドラマのようになって来た。
オジイサンが次に言った言葉
「そうか。それは感謝しなくてはな」と言ってオバアサンを笑顔で見つめました
お耳が遠いので顔が近いったらありゃしない!

こんな素敵なご夫婦
長い道のり、色々あっただろうに。。。

例えばこんなこともあったかもしれない。重い
画像


ヘッドロックな日も。く、首
画像


時にはこんな恐怖も
画像


あ・な・た
画像


いつまでも仲良くあいらぶゆー
画像



もう泣けちゃってね。ホントにもう泣いちゃいましたよ

みなさん、相方さんにおっしゃってみたらいかがですか?
え?まだ早いって?今じゃないの?

オジイサンあんた・・・
画像



☆明日は「横断歩道」です。

"ご夫婦の会話に涙" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント