Fさん復帰♪

今年の春のこと
画像


前回月曜日はEさん。今回はFさん。同じ合唱団の団員さんです。

私の団にFさんご参加。でもご主人が認知症になり、
練習日の朝に「ディサービスに行きたくない」とゴネられる。
困ってしまって……と疲れた表情

Fさんは82歳
お付き合い頂いている年数は20年になります。
しっかりしたご婦人で疲れ知らず。元は体育教師
そのFさんはご主人の介護で疲れぎみ

Fさん元気でもご主人のその日の具合でスケジュールが
変わってしまいます。

3月の食事会では泣き出され雰囲気が
会費の金額も違い、お渡しした楽譜もないとおっしゃる
皆さん心配されてました。

4月になって私に暫く休団したいと言われたので
了解をしました。

皆さんからは「また戻って来てくださいね」と惜しまれながらのご休団

Fさん「主人があの世に行ったら……」

そして8月のある日Fさんから電話

先生、来月からまたお世話になりたいので宜しくお願い致します。」

心の声→え!?ご主人あれから天国へ
まさかー!

違いました。ご主人は問題なくデイサービスへ行くようになられ
Fさんは自分の時間が持てるように

勘違いで失礼しましたが明るく元気!

ところが!なんです。
9月に入って練習の時に急に泣き出されて
周囲は驚き困惑

ご主人はあんなに嫌がっていたデイサービスに通われるようになって
安心していた矢先に

練習が2時間。そのあとで私の所へ
突発性難聴になって右が聴こえないんです(泣)」
「お医者さんは今までのストレスが出た」と

限界を越えると支障がでますよね。
私も経験があるのでFさんのお気持ちは理解できます。

Fさんは普段は大変活発に動く方で、とっても前向きな女性
その人が大泣きされました
ご主人のことを一生懸命支えてこられたFさん

次の週の練習の時、笑顔です
そして私の所へ来られて「先生、まだ全然治ってませんけど家に籠っていても何にも始まらない。
先生の声が天国から聴こえるみたいだけど、コーラス大好きだし、また歌いに来ますね
「それにね、主人は無事に施設に入ることが出来ました。」

この前向きな姿勢は難聴になられましたが心は健康なんですね。
素晴らしくて拍手しちゃいました

そしたらFさん「あははははは」って

よかったと思いました

Fさんの人生にちょっぴり関わらせて頂いて嬉しく思いました

ね、これもいいお話でしょ

☆次回月曜日は「阪神~タイガース」をご用意致します
その次は「野に咲く花のように♪続き」も予定しております。
宜しくお願い致します

どれにしようかニャ~
画像


くださいニャ~海苔弁
画像


個人的に→アメフラシ2899さんへ
足跡残せないです(泣)カヤックにタコに・・・読ませて頂いておりますm(_ _)m

この記事へのコメント

2018年10月26日 07:19
ねえさん、おはよう!

義父も認知症が進んだ義母の介護をしています。
そんな義父には本当に頭が下がります。

Fさん、ご主人が施設に入ることができて、明るくなられてよかったですね。
難聴も治るといいですね。
誰しも頑張り過ぎるとどーんときますよね。
近々、そんな記事も書いてみる予定です。

気温差が大きい季節になりました。
風邪などひかぬようご自愛くださいませ(^o^)
2018年10月26日 07:38
kojiさんへ
おはようございます。
どこにでもある話のような気がします。
乗り越えて笑顔。それまでが言葉で言えないしんどさ。
とってもよく解ります。
Fさん、すこし元気になられて笑顔も出て、ホッとしています。
父ちゃんも記事に?読みたいです。

ありがとうございます
父ちゃんもお体大切に
なんか年寄りの会話みたい(笑)
元気な年寄りね
2018年10月26日 10:24
認知症の人と一緒に生活していると、一人にするのが心配で、ちょっと外に出ることさえもためらわれますよね。
24時間、気が抜けない事は、辛いです。
 なかでも自分が頼れると思っていた配偶者が認知症になるというのは、かなり、強いストレスが、かかることでしょう。
Fさん、今後は、施設にいらっしゃるご主人の面会に行かれることや 音楽に関わることを励みにされ、笑顔で生活されればいいなぁと思います😄
2018年10月26日 10:41
おはようございます。
私の周りでも、認知症のことがよく話題に
上ります。
ご本人よりも、周囲の方の方がご苦労
されているようです。
どんなお話を聞いても、自分に当てはめて
考える歳になってきているので、
他人事とは思えません。

突発性難聴・・結構沢山かかっておられて
克服しながら皆さん頑張っておられるので、
私も負けずに明るく過ごしたいです。
片方の聞こえる耳が愛おしいほど頑張って
ぜ~んぶの音を集めてくれるので、
かえって困る事も多いです。
でも、こうして普通の生活ができているので
感謝しなければと思っていますよ。
Fさんもコーラスの時くらいは、明るく
楽しく過ごされると良いですね。
2018年10月26日 12:30
年を重ねると、色々ありますよね。
高齢での介護、認知症もあれば更に
大変でしよね。
そうそう、ストレスはダメダメ!
何かで発散しないと、身体に影響します
もんね。
Fさんも、コーラスで解消できますよね。
コーラス以外でも、沢山の人と話ができ
たり、姐さんの愉快な話も聞けるしね。
これからも、音楽で皆さんを幸せにして
あげて下さいね。
それが姐さんの本当の仕事やもんな(^^)
2018年10月26日 13:09
わらびさんへ
こんにちは。
そうなんですよね。24時間体制なんですよね。
老老介護ですから大変です。
私は娘の立場での介護をしてましたが、それでも頭がおかしくなりそうでした。
Fさんよく頑張られたと思います。
落ち込んで家に籠ってもいい事がない、と理解されたんでしょうね。
よかったです。
2018年10月26日 13:17
つばささんへ
こんにちは。
突発性難聴。
今はストレス社会。しかもFさんは老老介護。
しんどかったと思います。
私はコーラスでのみですが、少しは様子を聞いたりしていましたので頑張って頑張って。。。
まさかの連続ですからね。介護って。
とにもかくにもご主人様が施設に入られて、今1人を満喫だそうです。
24時間気を張りっぱなしだったでしょうから。
つばさんは絵画のご趣味。撮影の楽しさをご存知ですから趣味で息抜きができますね。
2018年10月26日 13:22
りーにんさんへ
お疲れ様です。
巷でもよく見かける老々介護。
ウチの両親も手を繋いで歩いていた時期がありました。
それを見て私はビックリ。
母はパーキンソン病だったので歩けなくてね。
その辺りから私は介護に突入しました。
でもFさんはお一人でご主人の介護をされていました。
認知もあるので大変だったと思います。
趣味がある人は救われますね。
私は音楽でしかお役に立てませんが精一杯感謝しながら続けようと思います。
来週はすみれちゃんとジー穴さんとハロウインランチで心癒さるかと。有難いです。
2018年10月26日 13:57
私も突発性難聴になって治療を受けたことが有りますが、とてもコーラスに参加出来る状態では有りませんでしたね。右耳だけ突然聞こえなくなって点滴治療を受けたのですが、救急車が右から来ると、左耳からサイレンが聞こえるので位置関係が分からなくなります。それに治る過程がとても面白いのです。右耳に少しづつ聴力が戻る段階で、左右の耳に聞こえる音程が違うんです。人の声もサイレンの音もハモってるんです。当時バンドをやってまして「先生 これじゃチューニング出来ませんわ」と言ったのを覚えてます(笑)。この音程のズレが少しづつ改善されて、最後は同じ音程になって退院でした。だからコーラスに参加されたと聞いてビックリですね。
2018年10月26日 14:25
y&mさんへ
こんにちは。
私が話している声が天国から降りて来るように聴こえるとおっしゃいます。
でもリズムも狂わず歌われています。
左右違う音ですか?凄いなぁ、その感覚と言うのか聴力と言うのか。
y&mさんは治られてよかったですね。
このFさん、合唱2つ入られて練習通っておられます。
歩く時、やや平衡感覚が危うい時がありました。
それでもコーラスご参加のFさん凄いかも。
最近、突発性難聴という病名を聞きます。
昔からあったんだろうか。。。
2018年10月27日 11:04
こう言うお話はね、もう他人事で無く我が身で考えてしまいます。
夫と私は同い年なので何時かはどちらかが老老介護に、あ、同時かも…なんて
でもこのFさん、きっと大泣き出来るから良いんでしょうね。
心に溜めないで、泣くと言うのは結構なストレス発散になりますものね。
何時かは我が身、私も溜めない精神で行こう
2018年10月27日 11:29
イエティ1号さんへ
こんにちは。
まさしくFさんは老々介護ですね。
長生きはいいこと。でもどんな形で?となると
私も介護経験していますから何とも言えなくなります。
泣けるのはおっしゃるようにストレスは吐き出せるかも。
イエティ1号さんはまだ先でございますよ。
コメント頂戴して有難うございましたm(_ _)m
仕事でぇす🎵
2018年10月27日 12:31
30年来、家族で親戚の様に関わって来たご近所の友人のご主人が。若年性アルツハイマで、この5~6年ほどでみるみる内に、孫も子供さんの認識も怪しくなって会話は不可能になってしまいました。
友人の、奥様の戸惑いや現実を受け入れて行くまでの葛藤。そして逞しく、ご主人のお世話をする今現在の姿を目の当たりにして。
私自身が趣味を続けていける現実が、物凄く恵まれていると実感しています。
自分自身と家族の健康、経済的な問題、いろいろ。
いつも応援しながら拍手で迎え入れてくれるwingaさんの姿勢にFさんは救われている事でしょうね。
winga
2018年10月27日 15:53
ミールさんへ
こんにちは。
ミールさんの回りにもおられるんですね。
色んなタイプがあって、それでも生きて行くしかなくて。
私も両親を10年介護しました。
気が付きゃオバサンに変身。
Fさんもご自分の今後もあって複雑だと思います。
ミールさんはお元気。ブログ読ませて頂いて鼓動が聞こえます。
生きてるって凄いことなんですよね。
この幸運に拍手かと存じます。
貴重なお話をしてくださって有難うございましたm(_ _)m
2018年10月28日 07:15
良い話ですね・・
でも、お元気になられた様子なので、良かった良かったと思います。
支えると言うことは大変なことなのですね。

初めて見たのですが、猫がお弁当を買いに来るんですか・・その品定め姿には、ビックリです。
ニャ~「これくにゃさい~」
2018年10月28日 07:21
夕焼けさんへ
おはようございます。
誰にでも老いがやって来て、その時伴侶は。。
夕焼けさんちは大丈夫ですね。
Fさんも頑張られてましたから。

ニャンコの写真、可愛いでしょ。
Twitterでこういうサイトがあってフォローしてます。
今日も一日楽しく過ごしてくださいね。
泡風呂・・・混浴可能ですね(笑)
ゆらり人
2018年10月28日 12:50
こんにちわ。
毎回ブログを拝見し日頃のご活躍と御世話されているお姿に感心しております。
歳を重ねて行くごとに、それぞれが何処かに体の変化が起きますから、お互いが協力し助け合っていかなければなりませんね。
これからも変わることなくご活躍されることを願っています。

2018年10月28日 14:24
ゆらり人さんへ
こんにちは。
いつもゆらり人さんのブログ、楽しみにしています。

あの・・そんなにご丁寧におっしゃらないでください。
お願い致します。
とびっきりアホな事をやらかしたり、どこかに面白いことはないかと眼をぎらぎらさせているwingaオバハンでございます。
そんな活躍なんてしてませんからね、ゆらり人さん。

それにしても老々介護をよく見ます。
切ないです、私。ウチの親も最初はそうでしたから。
娘に心配かけまいと手を繋がないと歩けない母。
父が手を繋いで歩いている姿を見た時ビックリでした。
それからです。私必死で介護に突入致しました。
もう両親は他界しておりますが、悔いなく介護したとおもっております。
でもね、10年経って気がついたら顔面土砂崩れ。
体も十分引力に従っていたといふ。
あ・・・悲痛(-_-;)
2018年10月29日 05:39
Fさん、活力みなぎってるわぁ
読む限りでは絶対後ろを観たりしないものね
立ち止まっては進み、また止まっては進む
歩みはのろくてもこういう方にはヒトがついてるから
きっと大丈夫
頑張りすぎないでやって欲しいな。
2018年10月29日 06:28
らん太郎。さんへ
Fさん、そうなんです。必ず前を見ておられます。
皆さんの前で突然大泣きされますけど(^_^;)
その場を柔らかうするのが私の役目。
ちょっとたいへん。
ポジティブは大好きなんでFさんの性格はいいな、って思います。
2018年10月30日 07:15
おはようございます。
Fさん、ご自身も82才。老老介護でいらしたのですね。
度々コーラスの皆さまとご一緒の時に感情が溢れてこられたのですね。
こんな風に受け止めてもらえて、Fさん、とっても救われたお気持ちでしょうね。
ご主人様もご無事に入所され良かった~。
Fさん、楽しく続けられますように♪
wingaさん、ドラマがいっぱいですね。
2018年10月30日 07:39
keiko先生へ
おはようございます。
Fさんの人生も一生懸命。
どなたもきっとそうであるように。
コーラスが前向きになって頂けるきっかけだと嬉しいです。
皆さんが笑顔で幸せであればいいですね。
音楽ってほんと素敵ですよね、先生
2018年11月02日 07:48
老老介護って思い詰めはることが多いと聞きますし、Fさん大変だったでしょう。
でも趣味があるってことが救いになる。
一緒に唄う姉さんや仲間がいるってことが救いになってたんやネ。
難聴も悲劇やけれど、それをまたバネにしていこうとするFさんッてスゴいと思う。
2018年11月02日 08:26
おーちゃんさんへ
おはようございます。
Fさん、肝がすわってます。
この方凄いです。頼もしい。
老々介護。おおいですね。
前向きなFさんからは教えられることが一杯。

この記事へのトラックバック