現役ってとっても大事

即戦力!

これが出来る人だけが生き残っているように私にはみえます。

最近では育てようって思ってる人少ないかも

毎年大学卒業して世の中に出てきます。現役も大変。

先日、某音大のピアノ科をでて、現在ブライダルの仕事に携わる女子から声楽を教えて欲しい

彼女曰く、結婚式場でピアノを弾く人はたくさんいる。音大出て直ぐの女子は若くてピチピチ
会社は美人で若くて。。。採用しちゃう(羨)

言ってる彼女もとても綺麗な女性です30歳までまだまだある(極羨)
でも焦ってる様子。
彼女は弾き語りをしようと考えました

大学在学中は副科で声楽を習ったそうで、ドイツリートが好き
発声からきちんと勉強したいと依頼がありました。

10月から指導していますが、確かにただ弾くだけではね。
手広くニーズに応えられた者勝ちですから
キャパは大事ですね。フットワークあるといいですもんね。

クラシックにこだわらず色々出来る彼女なので、弾き語りのお仕事は来ると思います
来るように指導します
現役さんは強いです

声楽の世界でも、クラシックしか歌えません、と言うとほぼ仕事はないかと思います。
リサイタルする時でも3ステージ、4ステージ全部クラシックだとねぇ
少し柔らかいものも組み込んで舞台を構成します。

選曲が一番時間掛かりますし、大切
これ失敗したらコンサート台無し

大きな合唱団所属の人もレッスンしていますがパートリーダーになりたくて、
指導を受けに来られています。
アマチュアでも抜きんでようと努力なさる。
そういう方は男女問わず今現在何人もレッスン中
意欲が凄い!やる気満々!

音大声楽科を出られて20年吹奏楽団の指揮者だった方。
声楽忘れそうだからと連絡頂いてレッスンを開始しています。

私も現役で生きていられるように、努力は惜しまないようにしたいです

現役で仕事中!満車だワン!
画像


☆明日はどっちから読んでも「水道水」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 64

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2016年11月11日 05:58
営業マンの世界もそう
即戦力、これがなんてったって重宝される
勘と経験も、若い芽の追随にはヒヤヒヤ
自分が生き抜くための使える引き出しは
多きゃ多いほどいいに決まってるよね

どの業界も大変
特に姐さんの世界は数字とかで推し量ることのできない
感覚、魂の世界だから生き抜くセンスってのも持ってないと

敬意を表します。
2016年11月11日 06:04
らん太郎。さんへ
即戦力は大変。
引出多くて使う時を知っている。
カード多いのは生き残れる。
私の世界もカルチャーだと会員数の多い先生が大事にしてもらえるといふ現実。売上が成績なんで。
あたしゃ必死です。
らん太郎。さん、今日もお仕事ご苦労様です。
怪我しないように。
2016年11月11日 06:16
本当。自分磨きはとっても大事ですね。wingaさんのところにいらしている方々も志を高く努力されているのですね。
私は今、バロックのレッスンを受けているんですよ。リコーダーのほか、鍵盤楽器の作品の解釈など。すごく面白いです。
らん太郎。さんに同感。私は指導者としてですが、やはり使える引き出しは多いほどいいです!それと、自分自身が音楽に感動し、わくわくしていたいんです。
2016年11月11日 06:39
keiko先生へ
おはようございます(^-^)
自分磨き。大事ですね。
声楽においては立ち方、楽譜の持ち方も流行りがあって、現役の私も師匠や外国の先生にレッスン受けます。
ツネニ学びの姿勢は忘れたくないです。
keiko先生も音楽のキャパを広げたいとポジティブに生きておられる。
素晴らしいですね。
新しい自分が出来上がるなんて素敵~!\(^o^)/
音楽やってよかったですね(^^)♪
2016年11月11日 07:16
ねえさん、おはよう。

wingaさんの周りに集まる人は志しが高い人が多いのですね。
そういう人たちを引き寄せてる。
ボクも見習わなくちゃ!

そう考えるとやるべきことは山のようにあるなあ。

今朝は土砂降りの雨です。
2016年11月11日 07:20
kojiさんへ
おはようございます(^-^)
京都は雨上がりです。ちと寒い。
個人レッスン希望者は前向きです。
自分と向き合い磨きたいって。
こっちも頑張らなきゃ。
まだまだ勉強中♪

父ちゃん今日も風邪には気をつけてくださいよ。
私の腰痛もかなり軽減(嬉)
メタボメタラー
2016年11月11日 09:06
おはようございます。
即戦力かぁ~わが社の、エライ人達考えてるんだろか?
私の職場は、職人的な所が強い。
後継者の育成に、時間が必要なのに.....(^_^;)
私も、いつまでも元気じゃないからなぁ~。
ちょっとニュアンスが、違うかな?
2016年11月11日 09:54
メタボさんへ
おはようございます。
会社は当然考えてますよね。
職人。私の世界も職人的な所があります。
技術畑ですから。あと人気商売。
したがって私はピン芸人。
メタボさんは任されてのお仕事。信用あっての話。
素晴らしい。
どの世界も飯を食うって大変なんですよね。
2016年11月11日 12:50
即戦力、我町工場も最近 中途採用が
多くなってきました。
ある程度の基本を知っているのは、
教える側も楽で、色んな意見も出て
くるのは、いい事なんです。
そして、このブラ仕の女性みたいに
人とは違う事をしようとする姿勢が
素晴らしいですね。
私も町工場の会議の席で、唄って意見
を言える様になろっカナ?
その時は、winga先生 教えてちょ(^^)
おーちゃんさんに、替歌も教えてもらわな。

ワンちゃんの札、営業って書いてあるん
カナ?
一生現役が理想ですね(^^)
2016年11月11日 12:56
りーにんさんへ
你辛苦了!
生き延びるって大変!
人のこと指導してる場合じゃないかも(^_^;)
え?歌って会議。
クビでっせ(-_-;)
工作要加油哦。
2016年11月11日 14:56
再りーにんさんへ
ワンちゃんね「満車」の札をぶら下げてます。
2016年11月11日 21:47
即戦力は間違いなく必要。
でもホントに必要なのは育てること。
一番困るのは…本人が即戦力と思い込んでるわりに…ッて人。
意外と多いのヨ、こんなタイプ。
らん太郎。さんが書いてはる通り引き出しの数増やす努力するべきやし、努力してる人を人はしっかり見てると思う。
そぉでないとネ。
姉さんは信用と実績が積み上げてるし今があるんやろネ。
昔中丸美千絵さんがテレビで
「みなさんご存じの"○○"を」と言い歌い出したけれど、クラッシックファンでも知らん曲歌われても…ッてことあったなァ。
2016年11月11日 23:06
謝謝!(^'^)

あっ、よく見たら 画像の上に満車だワンって
書いてありましたね。 対不起!
スマホだと見逃してまう(^_^;)
2016年11月12日 04:31
おーちゃんさんへ
おはようございます。
引出に整頓しておくことかな。大事なのは。
確かに思い込みしてる人おられます。
そういう人って「私プロです」っていうんです。
横でビックリすることあります。
だって。。。ねぇ。自分で言っちゃあねぇ。。。
私は伝えて行きたいな、って思うだけで。
技術は武器ですもん♪
クラシックファンでも知らない曲ですか?マイナーのみぞ知る(^_^;)♪
2016年11月12日 04:33
再りーにんさんへ
おはようございます。
満車だワン!って、、、火薬田ドンみたい。
ご存知ですかね。たけしさんのお気に入りの役(^_^;)
2016年11月12日 07:59
好久不会!

wingaさんのご人徳ですね。そうやって、姐さんのところに来て、指導受けたいというのは。
ぼくも発声法の違いを教えてほしいな。

選曲が第一の難関。
わかります。朗読も本選びで半分成功かどうか決まりますもの。
2016年11月12日 08:39
ごろー。さんへ
早上好~!ヽ(^。^)ノ

ごろー。さんの発声って落語?朗読?
団に朗読の趣味を持つ40代女性がおられます。
発表の場に行って聴かせて頂きました。
歌う時の発声とは違いますね。
子音の立て方とか、母音に隠し味入れたりするところ。
本選び。やはり大事なんですね。
一緒だ(゜-゜)

この記事へのトラックバック